ブログ詳細:みんな大好き!クリスマスリースのお話、その1 | オーダーメイドのドライフラワーやウェディングブーケなら【tutu*】の通販をご利用下さい。自分で作るオリジナルブーケで100%以上の満足度と大切な思い出をご提供いたします。

みんな大好き!クリスマスリースのお話、その1

2018年10月31日 
リースと言えば、真っ先に思い浮かぶのが
クリスマスリース。

2018-10-17-15-00-36.jpg

11月に入ると、
どのお花屋さんも、クリスマスリースが並び
ワークショップを開催するところも多くなります。
 
さてこの「クリスマスリース」ですが
どんな意味が込められているか、ご存知ですか?
 
調べてみましたら
いくつかの意味がありました。
 

 
1、幸福な新年を迎えるため

リースの丸い形には「永遠」の意味がある事を
昨日お話ししましたが、
「永遠に終わらない神の愛」とされており
来年一年も神さまに愛されるように、と
リースを飾るようになったそうです。

 
2、魔除け
 
クリスマスリースには、
杉やヒバ、柊などの鮮やかな緑の葉っぱを使う事が多いですが
リースに使う常緑樹は、
陽を当てなければ、半年は鮮やかな緑のままです。
 
この青々とした緑は生命力の象徴とされ、
葉自体にも殺菌作用や抗菌作用があるので
「災いから守る」とされています。
 
また、ベルを飾る事もありますが、
ベル(鈴)にも魔を祓う意味があるそうです。

 
3、豊作祈願
 
クリスマスリースやツリーの飾りよく使われるのが
松ぼっくりやリンゴ。
作物の飾りには、豊作の願いが込められています。
 
 
明日は、クリスマスリースにお話し、その2
「色に込められた意味」をお送りします。
 
back

メールフォーム

Order ご注文フォーム

カテゴリー

  • ウェディング
  • リース
  • ボールリース
  • フライングリース
  • スワッグ
  • アレンジ・アクセサリー

tutu*

ドライフラワー、プリザーブドフラワーを使った、リースや、ウェディングブーケ、アレンジなど…アンティーク風の花雑貨を製作、販売しています。
新築祝、開店祝、お誕生祝、ご結婚祝、お見舞いなどへの贈り物として、オーダーメイド制作も承ります。
ワークショップも随時開催中!お気軽にお問合せ下さい。
メールフォーム
  • Facebook
  • instagram

page top